天之御中主神様(あめのみなかぬしさま)魔除け・厄除け!待ち受け画像「リンゴと桃のある静物」

名言格言愛の言葉 天之御中主様 あめのみなかぬしさま 神様.

こんにちは、こころです。
新型コロナウイルスのワクチン期待できそうですね。
しかし、コロナが流行りだしてもう一年ですか。。
長かった。。

魔除け・厄除け│印象派の巨匠!セザンヌの待ち受け画像・壁紙

天之御中主神様(あめのみなかぬしさま)の「魔除け・厄除け│印象派の巨匠!セザンヌの待ち受け画像・壁紙」です。

ポール・セザンヌは、20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、「近代絵画の父」として有名な画家です。
一度は目にしたことがあるかもしれませんよ。

今回の待ち受け画像は、そのポール・セザンヌの「リンゴと桃のある静物」という作品です。

「リンゴと桃のある静物」にしたのは、意味がありますよー。

天之御中主神様お守りブレスレット

林檎(りんご)のスピリチュアルな意味

りんごは風水で平和をあらわすシンボルで、人間関係の問題を調和するといわれています。
身体に溜まる邪気などを綺麗にして、精神的なストレスを解消し、健康へ導いてくれます。

桃(もも)のスピリチュアルな意味

日本で桃は、魔よけや厄除け、邪鬼を払うという意味があります。

「古事記」に桃が登場しますよね。
国づくりをした神様の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が死者の世界である黄泉の国から出る際に、追ってくる魔物に3つの桃を投げつけると魔物は尻尾を巻いて逃げ帰ったという話があります。

このことから、日本で桃は邪気を払うという意味があるのです。

除障香や厄除けのお香などにも、桃が使用されることがあります。

また、中国でも桃は仙人の果実とされ、邪気を払う以外にも不老長寿や幸運の果実という意味があります。

天之御中主神様お守りブレスレット

余談ですが、桃の種を部屋に置いておくと、盛り塩のような魔除け効果があります。
桃を食べたら、桃の種を天日干しして部屋に置いてください。
取り替え時期は、桃の種が邪気を吸うと色が変わるので、わかります。
桃の種は邪気を吸収したら中に閉じ込めてくれるので、邪気が出てしまうことがないので安心ですよ。
桃を食べたらそのまま捨てるのではなく、種はとっておいてくださいね。

天之御中主神様(あめのみなかぬしさま)魔除け・厄除け待ち受け画像「リンゴと桃のある静物」

画像をタップして保存してください。

ダウンロードはご自由に。
再配布はNGです。

天之御中主神様お守りブレスレット

天之御中主神様(あめのみなかぬしさま)を心から信じてお守りの言霊を唱えてみてくださいね!

電球お守りの言霊
天之御中主神様
あめのみなかぬしさま
お助けいただきまして
ありがとうございます