人間関係が上手くいかない時は魂レベルで合う人がいない時

月曜日が憂鬱で会社に行きたくない 

あなたは「魂」の存在や「前世」を信じますか?

こんにちは、こころです。

突然ですが、あなたは「魂」の存在や「前世」を信じますか?

私は信じています。

それは、私に霊感があるからかもしれませんが・・

人間でも動物でも物でも、命あるものには必ず寿命があります。

いつか、肉体は滅びます。
でも、肉体が滅びるからって、何故「魂」まで滅びると思う人がいるのでしょうか?

科学で証明できないことは、全部間違いなのでしょうか?

では、何故昔の人は「生まれ変わり」や「魂」や「神様」を信じていたのでしょうか?

何の根拠もないのに、ただ漠然と信じていたということでしょうか?

人間の長い歴史の中では、前世や神様を信じている人たちが大勢いました。
信じている人たちの方が多かったくらいです。

この前世や神様を信じる人が少なくなったのは、つい最近のことです。

これは、戦後の学校教育によるところが大きいと思います。

さてさて、これからスピリチュアル的なお話をするので、興味がない人はこれから先は読まないでくださいね。。

スポンサーリンク

人間関係が上手くいかない時

何故か、人間関係が上手くいかない時ってありませんか?

人間関係が悪いな・・
合わない人ばっかり・・
いじめられる・・

と感じる時は、魂レベルで合う人がいない時に起こります。

魂レベルで合う人がいないということは、自分の居場所ではないということです。
自分がそこにいる意味がないということです。

あなたの魂が蝕まれる前に、縁がなかったと思って、一刻も早くそこから抜け出すことをおすすめします。

職場の人間関係が悪くて、毎週月曜日が憂鬱

例えば、

「職場の人間関係が悪くて毎週月曜日が憂鬱」
「会社に行くと思うだけで胃が痛い」
「どうにかして休む方法はないかといつも考えている」

など、そんな状況ならいっそのこと会社を辞めた方がいいと思います。

ただ、この場合、「会社を辞めるなんて逃げるみたい」という人がいるのには、驚きます。

辞めるということは逃げるということではなく、自分にとって良い方法を選択しただけにすぎません。

これって、考え方ひとつですよね。

・とりあえず月曜日の1日を乗り切るつもりで頑張ってみる
・次の休日のことを考えて一週間乗り切ってみる

スポンサーリンク

など、とりあえず一時的に解決できる方法はいくつでもあります。

要するに、気の持ちようだということです。

でも、それは根本的な解決にはなりませんよね。

だって、その会社にいる限り、毎日出勤しなければなりませんし、月曜日を乗り切ったところで行きたくないのは月曜日だけではありませんよね?

火曜日だって水曜日だって他の曜日も行きたくありませんよね?

そんなに無理してまで、行く会社に意味があるのでしょうか?

働く上で一番大切なのは「人間関係」

はっきりいって、働く上で一番大切なのは「人間関係」だと思います。

給料がそれほど良くなくても、多少の残業があっても、ものすごくやりがいがある仕事じゃなくても、人間関係が最高なら辞めなくてもいいですよね?

人間関係が最高だということは、魂レベルで合う人が多いということです。

あなたの居場所だということです。

魂レベルで合わない人たちの中で我慢して働くより、魂レベルで合う人たちがいる職場を見つけて働く方が人生ずーっと楽しいです。

ですがこのご時世、会社を辞めてすぐに就職先が見つかるとも限りません。

会社を辞めたくても、辞められない人もいるでしょう。

その場合は、何故そこに留まるのか目的をはっきりしなくてはなりません。

人間が生まれ変わるのは経験を積むため

人間が、何故何度も生まれ変わるのかというと、経験をたくさん積むためです。

天国はすごく良い所で、何の苦労もありません。

毎日が楽しくて遊んでいればいいのです。

ですが、それでは魂が向上しません。

人間は経験を積むことによって魂を向上させるために、何度も生まれ変わるのです。

ですから、人間関係が最悪な場所にどうしても留まらないといけない場合には、これは神様から与えられた「学びの場」若しくは「試練」だと開き直りましょう。

「魂を向上させる良い機会」だと、思うようにしてください。

ですが、頑張ってそう言い聞かせても、あなたの魂が蝕まれてしまったら元も子もないありません。

それこそ、うつ病にでもなってしまったら、社会復帰するまでに時間がかかってしまいます。

努力してもやっぱり魂レベルで付き合える人がいない環境であれば、あなたがその場にいても全く意味がありません。

そんな時は、時期を見て辞める勇気も必要だと思います。

「宿命」は変えられないけど「運命」は変えることができる

「宿命」は、自分で変えられません。

宿命というのは、「性別」「生まれた国」「自分の容姿」「自分の両親」です。
これは、生まれてくる前に自分で決めたことだからです。

でも、「運命」は自分で変えることができます。

あなたの人生です。
あなたの中では、あなたが主人公です。

人生は、あなた次第でどうにでもなるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です