日本で最もメジャーな神様の天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)

日本で最もメジャーな神様の天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)

天之御中主様(あめのみなかぬしさま)という最強の言霊
名言格言のスマホ用壁紙・待ち受け画像一覧はこちら 天之御中主様(あめのみなかぬしさま)という最強の言霊 ...

日本で最もメジャーな神様の天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)

「八百万(やおよろず)の神」という言葉がありますが、日本には多くの神様がいるといわれています。

※八百万とは、「非常に多くの」「無数の」という大雑把な数を表す意味です。

その中でもトップに君臨し、恐らく日本で一番有名な神様が、太陽神である「天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)」です。

女神?男神?

天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)は、「古記事」や「日本書紀」では女神と記されていますが、男神という説もあります。

実際のところどうなんでしょうか?

男は陽、女は陰という考え方によると、陽は太陽で、陰は月。

ローマ神話に登場する月の女神のことを「ルナ」ともいいますよね。

スポンサーリンク

その考え方に基づくと、天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)は太陽神なので、男神という説があります。

ですが、弟の神様の須佐之男命(すさのおのみこと)が姉と呼んでいること、男性の髪型をしていなかったこと、機織り部屋で仕事をすることなど、女性と読み取れる記述が多いことからも女神とされています。

現在では、完全な証明はできていないようですね。

天照大神の岩戸隠れ

弟神の須佐之男命(すさのおのみこと)の暴力的な性格や行動に恐怖と怒りを感じた天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)は、「天石屋(あめのいわや)・天岩戸(あめのいわと)」という高天原の奥深い洞窟に身を隠して入り口を塞いでしまいます。

これが有名な「天照大神の岩戸隠れ」です。

太陽神である天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)が隠れたので大変です。

一瞬にして世界が真っ暗になってしまいました。

食べ物が育たなくなったり、病気になったりと次々と良くないことが起こります。

見かねた八百万の神々は何とかしようと策を練り、天岩戸から出すことに成功しました。

その策というのが、神々が洞窟の前で大宴会を開き、大笑いしながら大騒ぎをするこというもの。

外の様子が気になった天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)が天岩戸から出てきて、世界に光と平和が戻ったというお話です。

神様も人間と同じで、他の人が楽しそうにしていると様子が気になるのでしょうか?

そういうところは、人間っぽくて親しみを感じますね^^

ご利益

ご利益

天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)は、あらゆるものの生命力と成長のエネルギーを司ることからも、ここぞ!というときにパワーを与えてくれる最高神です。

困難に立ち向かう時やいつも以上にパワーやエネルギーが必要な時に、助けてもらいましょう。

仕事上で大きなプロジェクトを任されている時にもおススメです。

伊勢神宮

伊勢神宮

「お伊勢様」で有名な三重県の伊勢神宮の内宮に、天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)は祀られています。

伊勢神宮から約10km離れた伊勢志摩国立公園内に湧水が出ているのですが、これが天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)が隠れた岩戸とされています。

伊勢神宮に訪れた際は、天岩戸にも行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

江戸時代には「お蔭参り(おかげまいり)」といって、伊勢神宮への集団参詣が流行りました。

電車や飛行機などない時代ですから、行くのに江戸から片道15日間、岩手県からは100日かかったといわれています。

それに比べれば、今は思い立ったらすぐ伊勢神宮に行けますよね。

機会があれば是非!

東京大神宮

あめのみなかぬしさま 東京大神宮3

飯田橋にある「東京大神宮」は恋愛のパワースポットとして有名ですが、こちらは別名「東京のお伊勢様」ともいわれています。

天照大御神様(あまてらすおおみかみさま)以外に、あめのみなかぬしさま(天之御中主神様)も祀られているので、本当におススメの神社です。

恋愛成就で有名だけあって若い女性ばかりですが、都会の中にありながらも空気が清々しく緑もキレイで気持ちが良い神社ですよ☆

とっても、おススメです♪

あめのみなかぬしさま神社 東京大神宮編
あめのみなかぬしさま神社 東京大神宮編 こんにちは、こころです。 「あめのみなかぬしさま神社」こと、東京大神宮に...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です